2013年12月01日

二中魂

30数年ぶりに、中学の初めての同窓会がありました。
沖縄から大阪、高槻まで飛び、
懐かしい同級生と再会しました。

407人中145人参加。
先生方入れて151人でした。
中学校時代と全然変わらない人、
全く変わってしまってわからない人…

何より嬉しかったのが
小学校の初恋の人に逢えたことでした。
ずっとずっと心の中で逢いたいと思っていました。

彼は腕に大きな火傷の後があり…
私が病院に勤務していた頃
火傷の患者さんを見ると彼を思い出しました。
赤ちゃんだった頃、
どんなに熱かっただろうと、
どんなに痛かっただろうと。

彼は全然変わっていなくて、
皆の人気者で、正義感が強く、
面白く優しいそのままの男性…素敵なおじさま?になっていました。
いくつになっても、その時の嬉しい気持ちや、楽しい気持ち、
ドキドキする感じが同じなのにびつくり。
小さい頃のドキドキした記憶ってすごいんですね。

一番すごいなと思ったのは…
その「会場の磁場」なんです。

懐かしい、嬉しい、楽しい、
涙が出そうな位の・・再会の感動。
会場にいる全員が皆が笑顔。笑顔。笑顔。
男女の区別なく
再会出来た喜びに満ちた磁場の、
暖かいこと、輝いていることぴかぴか(新しい)
霊的に見える人がいたら
黄金色に見えたと思います。
おそらく病気の人がこの磁場にずっといると治るんじゃないかと思える位、
「素晴らしい磁場」でした。
人の思い一つで、こんなにも空間が変わるんですよね。

ピチピチした20代や、
少なくとも30代に逢いたかったなと思いましたが、
皆がそれぞれ色々な事を乗り越えてきた
この年代だからこその、
この磁場だったかも知れません。
再会に感謝。
再会出来た皆と
そして来れなかった同級生の皆…
どうかこれからも
元気で幸福にぴかぴか(新しい)
ありがとう黒ハート


securedownload (7).jpg

小さな恋の歌










posted by ココロのキセキ at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。